トラブルは、解決より予防。

 問題が起きてから解決するより、厄介ごとを避ける方が早い。

実務経験が豊富でITツールに強い弁護士が、日々、進化するお客様のビジネスをサポートします。

知財問題も扱えますし、会社経営の経験もあり、会社法務についても、あらゆる角度から、検証・検討をし、解決を目指します。

 

弁護士業務外のことでも、税理士、会計士、司法書士、行政書士、弁理士、不動産業者、社労士の強固なネットワークで、ワンストップサービスで、対応します。

 

ALEX綜合法律事務所の顧問サービス(クラウド法務)は、最新のITツールを利用します。

操作に不安を感じられるお客様には、マニュアルをご用意しておりますので、スムーズに、導入することができます。

 

その後の操作は、実際にお使いいただきながら、サポートさせていただきます。

毎日、少しずつ、使い続けることで、2週間もすれば慣れてきますから、ご安心ください!

クラウド法務で利用する主なITツール


チャットツールです。ビジネス利用に特化したコミュニケーションツールで、画面が見やすく、操作もスムーズです。

クラウド法務では、通常、このチャットツールで、やりとりをします。

誰と、いつ、どんなやりとりをしたかを、すぐに確認することができます。

Googleが提供するクラウドストレージサービスです。モバイルデバイス、タブレット、パソコンから、ファイルやフォルダを保存、共有、共同編集することができます。

オンラインストレージサービスです。

一定容量まで、無料で利用できるので、初めての方でも、費用をかけることなく、使い始めることができます。

専用のフォルダに、ファイルを入れるだけで、手軽に、ファイルを共有することができるので、わざわざ、メールソフトを立上げる必要がありません。


Microsoft

Teams、OneDrive

 

マイクロソフトが提供しているサービスですので、普段、マイクロソフトのオフィスソフト(ワード、エクセル等)を使っておられる方は、こちらのサービスがおすすめです。

Zoom

CISCO Webex



これからの顧問弁護士は、ITに強い弁護士へ!

IT技術は日々進化を遂げていますが、今後、5Gの普及により、この流れは一層加速します。世界が変わる中で、ビジネスを維持し続けるためには、ITの知識は欠かせません。ITを知っているだけではなく、セキュリティに関する情報も必須です。


セクハラ・パワハラ対策は、万全ですか?

今や、パワハラ・セクハラ防止策を講じることは、会社の「法的義務」になりました。

大企業は、2020年6月1日から、中小企業は、2022年4月1日から適用されます。

 

2019年5月、改正労働施策総合推進法(通称「パワハラ防止法」)が成立し、企業にパワハラ防止策を講じることが義務付けられました。

 

また、セクハラについては、2015年の男女雇用機会均等法の改正により、既に、セクハラ防止策を講じることが義務付けられています。

 

ALEX綜合法律事務所には、パワハラ・セクハラ防止策としての通報窓口を、最短3営業日で、簡単に設置できるサービスがあります。


新型コロナウイルス感染症に対する対策について

新型コロナウイルスの感染予防のため、ALEX綜合法律事務所では、以下の感染予防対策を、実施しております。

 

感染予防対策について

1.マスクの着用

  事務所所員全員、事務所内でもマスクの着用を徹底しております。

2.アルコール消毒液の設置

  受付に、アルコール消毒液をご用意しております。

3.事務所内の消毒

  打合せで部屋を使用するたびに、除菌シートで、机や椅子、ドアノブの清掃を実施しています。

 

 

事務所営業時間について

現在、変則的な営業時間にて、営業しております。

新規でお問い合わせ等をいただくお客様へのご対応に、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

あらかじめ、ご理解の程、よろしくお願いします。

※顧問契約のあるお客様については、従前どおり、24時間以内に対応させていただきます。

 

 

【ALEX綜合法律事務所にお越しいただくお客様へのお願い】

感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いいたします。

 

皆様方にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。